いいだ自然エネルギーネット 山法師
Welcome to our homepage
    Contents
会の紹介 活動状況 事業・決算報告 会員募集 会員の窓口 会則 役員
「風の学舎」視察研修テーマ
TOPへ

        平成25年度視察研修テーマの概要「中学生以下」

 中学生以下対象のものは内容が平易に編集されています。
1 風の学舎のエネルギー施設の見学(20-30分)
 「風力発電機、太陽光発電パネル、太陽熱温水器、雨水利用施設、ヒートウォール、
    ウッドボイラー、薪ストーブ、竈、囲炉裏、炭焼施設」
 

2 エネルギー消費と自然エネルギーの利用拡大(60分)
  今日のライフスタイルやエネルギー消費を前提としては、化石資源やウランに頼るだけでも、また自然エネルギーに頼るだけでも、持続可能な社会は築けません。我々のライフスタイルをどうしなければならないのか。エネルギーと暮らしとの関わりについ学んでみましょう。

 (1)日本のエネルギー事情
 (2)暮らしとエネルギー
 (3)自然エネルギーの利用推進と課題
 (4)2050年のエネルギー確保
 (5)省エネ型社会を築く「暮らしやまちづくりを見直す」
                           
       他



3住の地産地建が環境を守り地域を甦らす(60分)
 今日のようなプラスチックとコンクリートの家づくりが温暖化に拍車をかけているばかりでなく健康の保持、地域の持続性、まちの景観、日本の精神文化まで破壊していることに人々は気づいていない。地域の材と技術で建てることの重要性について説明します。

 (1)木を使ってCO2を削減する。
 (2)自然素材で造る住宅が健康を守り廃棄物を削減する。
 (3)家と庭があってはじめてマイホームと呼べる。
 (4)街や暮らしの無機質化(コンクリートやプラスチックの多用)が人々の精神を蝕む。
 (5)地域の材と技術で住宅を造ることが雇用を確保し中山間地域を活性化させる。
 (6)美しい家並み、まち並みが地域の矜持を保ち次世代を育てる 。
 (7)日本の木の文化の保持はイコール精神文化の保持。詰まるところ日本人の
 アイデンティティーの確保
                     その他

4森の恵みを暮らしに活かす(60分)<中高生対象>

(1)風の学舎の建築の様子
(2)風の学舎のエネルギー施設
(3)木を育て暮らしに利用する
(4)失われていく日本らしい町並み
(5)欧州の村や町は何故美しいか
(6)木の文化や和の暮らしに日本の将来が見える  他

5 自然エネルギー施設の利用方法、利用状況などについて(30分)
(1)施設の利用の留意点
(2)設置費用
(3)発電量、エネルギー消費量 他
エネルギー選択
風の学舎のご案内
利用方法と予約
設備の使用方法
冬期は使用方法が変わります
利用料金
視察の受け入れ
アクセスマップ
自然散策コース
体験学習受け入れ
都市・農村交流事業
セミナー・イベント
南信州自然・文化
環境評論
健康と環境に良い家を建てたい人のために
建築に協力いただいた職人達
考スローライフ
大学・行政関係支援
環境・まちづくりに関する講師派遣及び講座
風の学舎エネルギー施設
風の学舎エネルギー使用状況
リンク集
TOP

「視察研修記録はこちらを参照