風の学舎ご案内
利用方法と予約
設備の使用方法
冬期は使用方法が変わります
利用料金
視察の受け入れ
アクセスマップ
体験学習受け入れ
田舎名人応募登録
南信州自然・文化
環境評論
健康と環境に良い家を建てたい人のために
考スローライフ
環境・まちづくりに関する講師派遣及び講座承り
築に協力いただいた職人達
風の学舎エネルギー施設
風の学舎エネルギー使用状況
リンク集
TOP

contents

大豆人トップ 参加申込様式
ダウンロード
2014参加者
募集チラシ
内容、参加条件など 年間作業
スケジュール
プロジェクト
活動記録
それぞれのご都合の良い時期に参加して下さい。
ただし、5月から12月の作業には少なくとも1回は参加する必要があります。
参加者の範囲 3才以上。(小学生以下は、両親等世話のできる大人同伴。)
参加条件 最後の成果物である豆腐づくりや味噌造りに参加するためには、育成管理作業(大豆の植え付け〜収穫・・・下段の図を参照)に少なくとも1回以上参加する必要があります。
参加形式
@宿泊型(遠方の方)・・・前日来館宿泊当日作業。当日作業後宿泊翌日帰還。作業日の前日から翌日まで宿泊などそれぞの目的により選択。
A日帰り型(近郊の方)・・・基本的に作業は半日。休憩後解散。
参加基本費用

@参加基本費・・・・年間5,000(大学生〜中学生3000円。小学生以下1000円、
          小学生未満無料)

 借地料、資材費等「農地借地料、種代、肥料、道具費、味噌仕込材料費(糀、塩)など」

● 上記に加え、交流会への参加などそれぞれにより下記の諸費用が必要です。

* 一般の旅館等に宿泊し参加も可能。
* 小学生以下は、原則全ての費用は半額です。

宿泊費等(遠方の方) @風の学舎の宿泊料・・・1泊1000円(通常の半額)
A食材費
 ・自身でご用意される方・・・不要です。
 ・食材を当NPO法人に依頼する場合500円/食。夕食は1000円。自炊サポート付き

 ・夕食交流会に参加される方2000〜2500円(地場の料理と地酒)。参加者皆で作ります。
B雑費(ゴミ処理費、炭代等)500円
C寝具・・・業者からのリースとなります。春から秋一式1050円。冬期1365円(毛布付き)
滞在費等(近郊の方) @作業休憩時の茶菓子、昼の食材・・・実費徴収。(昼を食べない場合は不要です。)
参加者の特典 @参加時間半日毎に手作り味噌と交換できる地域通貨1マメーを支給します。ただし、県外等遠方の方は倍の2マメーを支給します。1マメーで500cの味噌と交換できます。(味噌造りは毎年3−5月に行います。)

A風の学舎を拠点として、滞在中に南信州の自然・歴史・文化を探訪することができます。(日本のチロル下栗、しらびそ高原、かぐらの湯、大鹿歌舞伎、霜月祭り)

 **農作業との時間配分は参加者が自由に設定できます。

B環境ツアー(メガワットソーラー飯田、棚田100選横畝田んぼ、名水100選猿庫の泉、生ごみ堆肥化施設、ペレット工場南信バイオマス)

**ABについては当会の案内や説明が必要な場合は有料になります。(1000円/人・半日)
 
C体験学習も受けられます。有料。(ピザづくり体験、豆腐作り体験、炭焼体験、薪割り体験、薪の切り出し体験、五平餅作り体験、リンゴ狩り体験等)詳しくはHPをご覧下さい。
  **ただし、メニューによっては実施最低人数の制限があります。

D移住相談、空き家探し、農業相談等も受けられます